二十四式太極拳【套路の名前を覚えよう①】

更新日:4月7日

太極拳歴6年目。


長崎の鍼灸院、陽鍼はり灸(ヒバリハリキュウ)オーナーの山口です。


今回から全8回で太極拳の套路の名前をしっかり覚えていきたいと思います。



套路の名前を覚える理由


私が太極拳に出会ってから6年経ちますが、いまだに先生から套路の名前で


「次はイエマフェンゾンから~」


などと指示が出ても全然体が反応しません。


套路の名前と動作が結びついていないのです。


動きを覚える事だけでも大変なのに、名前まで覚えるのはちょっと…


と思う方もいるかもしれませんが、そもそも名前は動きのイメージを現しています。


名前を覚えておくと


「この動きにはこんな意味があるのね!」


と気づき、太極拳がますます面白くなるはずです。



太極拳の名前を覚えよう


今日覚えるのは


0.予備勢(ユイベイシー)

1.起勢(チーシー)

2.左右野馬分髪(イエマフェンゾン)


の3つです。


動きと一緒に套路の名前をしっかり覚えていきましょう。


今回は名前を覚えるのが目的なので、細かい動きについては省略しています。




0.予備勢(ユイベイシー)


太極拳では正面を南ととらえます。


南を向いて立った姿勢を

予備勢(ユイベイシー)

といいます。


予備勢(ユイベイシー)

とは【準備姿勢】のことです。


動きとしては両足を閉じた状態から左足を肩幅に開くだけですが、動作を始める前に気を落ち着かせ集中するための重要な動きです。




1.起勢(チーシー)


【動作が始まる】という意味です。


予備勢(ユイベイシー)と同じく南を向いて立った状態です。


腹式呼吸で両手を上げ下げしながら、指先から気を注入していきます。




2.左右野馬分鬃(イエマフェンゾン)


やっと動き始めました。


方角としては東に進んでいきます。


左右野馬分鬃(イエマフェンゾン)は

【野馬のたてがみを左右に分ける】

という意味です。


「鬃」は読み慣れない漢字ですが、日本語で「ソウ」と読み、一文字で

【馬のたてがみ•馬の後頭部に生える長い毛】

という意味があります。


野馬のたてがみを触った経験のある方は少ないと思いますが、想像してみましょう。


太極拳の動きのイメージとしては


”野原を駆ける馬のたてがみのように”

”野馬のたてがみをかき分けるように”

”馬のたてがみを手入れする動き”


と資料によってさまざまですが、二十四式太極拳においては


”馬のたてがみを手入れする動き”


をイメージするといいかと思います。


なお、読み方で左右(ズオヨウ)は省略しています。




次回覚えるのは


3.白鶴亮翅(パイホリアンチ)

4.左右搂膝拗歩(ロウシヤアオブ)

5.手揮琵琶(シオウホエピパ)


です。




太極拳に興味のある方は

晴れる家太極拳倶楽部

0959-34-5273

にお問合せになるか

こちらからお尋ねください。


今までの『太極拳のお話』はこちらからどうぞ。

  ↓ ↓ ↓

https://www.hibariharikyu.com/blog/categories/taikyokuken


次回の『太極拳のお話⑨』は10月12日(火)の予定です。


 


陽鍼はり灸の施術またはカウンセリングをご希望の方はこちらからお問合せください。


陽鍼はり灸のtwitterfacebookのいずれかをフォローしていただくと、今後ブログの投稿がすぐに確認できます。



閲覧数:57回

最新記事

すべて表示
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram