太極拳のお話①

更新日:4月7日

オーナーの山口です。


前回、『2才の子育てのお話①』で触れた体力作りのための太極拳って本当に効果があるのかどうかですが、答えはもちろんあります!


私の個人的な実体験からの結論ですが、効果はあると思います。



私が太極拳を始めたのは2016年の1月から。今から5年前になります。


当時西海市の大島町で出張の鍼灸施術をしていたのですが、その時に現在までご指導いただいている廣田先生ご夫妻に出会い

“朝の公園で太極拳をやってみたい!”

という単純な動機で始めました。


太極拳は私の仕事である鍼灸や漢方と同じく、東洋医学の"心身一元論"という考え方が基となっています。


"心身一元論"とは心が病んだらその影響は体に出るし、体が病んだ影響も心に現れるといった、今では当たり前の考え方ですが、これは東洋医学の思想なんです。


鍼灸施術の際にも常にこの【心と体のつながり】は常に意識しています。


この【心と体のつながり】に関しての詳しい内容は、明日の『陰陽五行のお話①』で。


太極拳は深い呼吸とゆっくりとした動作によって滞った気を流し、心と体のバランスを意識的に整えることができます。



また、ハーバード大学でも3年前に



・副交感神経刺激による血圧低下作用

・ウォーキングより優れた抗酸化作用

・コレステロールや中性脂肪などの血中脂質低下作用

・筋力維持や協調運動・柔軟性が改善されることによる転倒予防

・認知機能の改善・ボケ予防

・関節炎や関節拘縮の予防・改善

・睡眠の改善

・うつ病や気分障害(気分の落ち込み)の予防・改善


といった効果が報告されています。


このほとんどが加齢による症状の改善ですので、いつまでも若々しくい続けたいと願う私にはピッタリでした。


2年前の出産の際もギリギリまで太極拳を行っていました。

もちろん無理のない範囲で。


太極拳を続けたことである程度の体力が維持できたことは間違いないですし、そのおかげで45歳という年齢にしては安産で、産後の回復も早かったと思います。


太極拳に出会っていなかったらどうなっていたことか、今考えると恐ろしいですね。


出産のような大きな体の変化がなくても、小さな変化は着実に誰の体にも起こっています。


健康維持のひとつの手段として、太極拳は本当におすすめです。


今後も毎週火曜日に『太極拳のお話』を書いていこうと思います。



廣田信夫先生、廣田真美枝先生ご夫妻


ご夫婦で国内の太極拳最高段位をお持ちのすごいお二人。


主催の「晴れる家(はれるや)太極拳倶楽部」は現在、西海市の4教室で生徒80名。


お問合せ先

http://nagasaki-wtf.com/2-4sase

閲覧数:22回

最新記事

すべて表示
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram